上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我真的想考虑我是不是不要再看幕末相关的东西了……TUT每次看总是哭的稀里哗啦的= =
看的哭的我稀里哗啦的喵的不要脸的08的最后最后一天我还是哭的稀里哗啦的过来的么= =+
没有讲近藤、土方、总司他们的事情,讲的是吉村贯一郎的故事……还有就是斋藤也算是次主角吧……
我想不出来怎么说下去了……
那个不论何时让人看的很舒心的乡下气的笑,比谁都更爱家人更爱他南方的故乡,武士的灵魂……
中井貴一是神演的太出色了TUT
然后我后来就眼泪没断过TUT
他说要贯彻自己的义而拿着刀冲上阵的时候我真的不知道说什么了……为什么没有拦得住他……
不是比谁都坚强的要活下去么!!!为啥要那样白白去送死!!!
什么义什么忠,活着就是活着,为了自己重要的东西就好了,愚忠之类的最傻了明不明白啊!!!
不是在南国还有你日夜想念的家人么!!!你不就是为了他们才甘愿被别人叫壬生狼的么!!!
然后侥幸么死之后逃回他日日夜夜都思念的南国故乡,等待他的也还只能是死……
所少人的撕心裂肺……在那个时代也许是很平常的……
可是不论在什么时代看到这样的故事总还是会没形象的哭的一脸花的吧……TUT
穷苦的普通老百姓千百年来都过得是那样的日子么……每当这时候我总是会想,现在我是很穷,穷的我自己
都觉得讽刺好笑,因为变得这么穷的理由实在很恶心很贱,我也不想多说了,但是即使我现在穷的是这种样
子的,和那种时代的人的穷都不是一种境地的……
也许可以说这是时代的错,我在这个时代看到那个时代的那些故事而每每哭的泪流满面,但绝不是说这个时代
就是幸福很多的,我同样有权利憎恶发生在我身上的种种恶心的事情,时代的悲哀是每个时代都有的……
但是我仍是不知觉的为那些故事哭的稀里哗啦的……
其实要说的话可以说很多很多,但是不知道从何说起怎样说下去……
贴点资料吧……

03年的映画了,日站上扒来的资料直接贴过来……
出演者
中井貴一
三宅裕司
村田雄浩
夏川結衣
中谷美紀
佐藤浩市

音楽 久石譲
看到喵……所以OST也是神作啊哦TUT

贴记简介……
江戸時代が終わり、明治の御代となってのちの話である。
感冒に罹患したと思われる孫を連れて、老人が町医者に駆け込んでくる。
町医者は新天地である満州に医院を移すため、引っ越しの最中であった。
医者の夫人が孫を診察し、老人は待合室で一息つく。ふと老人の目に、古びた一枚の写真が映った。
その写真に写った武士は、老人のよく知る人物であった。老人は町医者に問わず語り、昔を思い出して行く。
老人が昔「斎藤一」と呼ばれていた頃に出会った壬生狼、「吉村貫一郎」という男の生き様だった…
京都で血気盛んだった新選組の、入隊してきたばかりの吉村貫一郎と出会った頃から語り始める。

继续扒来记吉村的生涯简介……喵的每次看到这些人都是20多30多死的心里就不舒服的要死TUT
吉村 貫一郎(よしむら かんいちろう
天保11年(1840年) - 慶応4年1月3日(1868年1月27日))。
盛岡藩出身。新選組隊士(諸士取扱役兼監察、撃剣師範)。
北辰一刀流、新当流。本名は嘉村権太郎か。

生涯
盛岡藩の下級武士の次男として生まれる。学問、剣術に打ち込み盛岡藩内では新当流の門を叩き、頭角をあらわす。

文久3年(1863年)に江戸行きが叶い、北辰一刀流の玄武館に入門。この頃の道場は国事を語る場でもあり、吉村は尊皇攘夷の思想に傾倒していったようだ。

慶応元年(1865年)、脱藩。貧しかった吉村は五人の家族を憂い、当時、天下に勇名を馳せていた新選組に入隊。文武両道の才を買われ、諸士取扱役兼監察撃剣師範に抜擢される。

慶応3年(1867年)、新選組が幕臣として取り立てられ、吉村は見廻組並の格式を賜る。この時、田舎の家族に十分な仕送りができると感激して泣いたという。

撃剣師範に就いていたが、表立った斬り合いの記録は少ない。屯所移転について西本願寺に交渉しに行ったり、三条制札事件の詫びを目的とした土佐藩の饗応に吉村が出席したりしているが、天満屋事件で三浦休太郎の護衛の任についていた時には、とくに吉村が斬り合った記録はない。どちらかといえば、論客として活躍したようである。

慶応4年(1868年)正月、鳥羽伏見の戦いに参戦したが、戦死したのか、脱走したのか、以後の消息は途絶える。子母澤寛によれば、新選組が大阪を離れている事を知った吉村は路頭に迷い盛岡藩邸に帰藩を願うが、差配役の大野次郎右衛門に、武士にあるまじき行為と咎められ切腹を申し付けられ、盛岡藩邸の中で切腹して果てた。切腹した部屋には、二分金十枚と紙切れが置いてあり、紙切れには家族への送金を願う文が記してあった、という。

但し、大野次郎右衛門なる人物は架空の人物であることがわかっており、吉村の最期は子母澤寛の創作である可能性が高い。子孫の嘉村家の過去帳には、明治三年一月十五日没、とあるという。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://111777999.blog34.fc2.com/tb.php/347-bd04d2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。